トップページ > 観光スポット > 龍王神社

けっこうメジャーな 観光スポット 大クスや神社仏閣も

龍王神社

●祭神
龍神

●創建
不明

●由緒沿革
龍王信仰は、古代中国より伝わったもので、龍王は雲をおこし、雨を降らせる神力をもち、雷電や河や海をつかさどると信じられ、雨乞いの神として、農民の信仰の厚い神様である。この神社は「おりゅうはん」といわれて親しまれ、祭礼は瑠璃光寺住職を招いて行っている。創建年代は不詳であるが、現在残っている最古の棟札は、享保4年(1719)再興とある。また、本願主には当時の組頭庄屋の近藤泰左衛門がなっており、全村的信仰の跡がうかがえる。社殿は少し上のくぼ地にあったが、いつの時代からか現在の所へ移されたようである。




※写真をクリックすると大きい写真を見ることができます。

住所徳島県三好郡東みよし町足代山口



Copyright 東みよし町商工会 All Rights Reserved.