トップページ > お堂・お庵 > 土井東庵

こんなとこ、どうやって行けってんだ!? お堂・お庵

土井東庵

沿革・伝承等

管理は土井町内会が行っている。

●建物
古い建物はなく規模を小さくした現在のお堂になっている。●

●祭祀仏
本尊は弘法大師坐像で、大師通行の姿、寄木造り、内刳、玉眼、彩色仕上げ、面長で若々しく気品を感じる。

●環境
土井集落の東端で、滝宮神社の北東にあり、北に徳島自動車道が通っている。境内は広い墓域で、庚申塔や供養塔もある。

行事

毎月20日念仏講。






※写真をクリックすると大きい写真を見ることができます。

改築前の名称土井東庵(大師堂)
現在の名称土井東庵
所在地徳島県三好郡東みよし町昼間土井(字ニクモン)
現在の建物面積13.20平方メートル
祭祀仏
(像高(cm)/種別/材質/年代/西暦/備考)
弘法大師坐像/41.8cm/本/木/江戸時代初期/不詳/



Copyright 東みよし町商工会 All Rights Reserved.