トップページ > お堂・お庵 > 高良堂

こんなとこ、どうやって行けってんだ!? お堂・お庵

高良堂

沿革・伝承等

縁起願文によると1100余年の歴史を持つという。火災に格別のご利益があると伝える。

●建物
尾形要助氏等7名が四国八十八か所巡拝記念に改築。

●祭祀仏
本尊は石造弘法大師坐像、右手に金剛杵、左手に数珠、合祀仏に石造弘法大師坐像(大正3年)高さ30cmがある。

●環境
旧三庄村大藤名から村役場への通路で唯一の休憩地。

行事

毎日「木札廻し」にて日参があり、年中無休で開びゃく以来続いているという。






※写真をクリックすると大きい写真を見ることができます。

改築前の名称高良堂
現在の名称高良堂
所在地徳島県三好郡東みよし町毛田大藤
現在の建物面積7.30平方メートル
祭祀仏
(像高(cm)/種別/材質/年代/西暦/備考)
弘法大師坐像/45.0cm/本/石/安永10年/1781年/
弘法大師坐像/30.0cm/合/石/大正3年/1914年/



Copyright 東みよし町商工会 All Rights Reserved.