こんなとこ、どうやって行けってんだ!? お堂・お庵

市庵

沿革・伝承等

第2次世界大戦前は、6畳の仏間、台所6畳、物置3畳の建物であった。ここで夫婦づれの庵坊が住み墓地の掃除や朝夕のお勤め等庵の維持管理をした。講中の葬列に際しては、ここで引導が渡され一区切りつけて後火葬場へ行くしきたりであった。一方、狭いながら地域では唯一の集会場兼遊戯場でもあった。戦後は青年団演芸会の準備によく使用された。

●建物
明治12年(1879)「社寺仏堂明細帳」には、堂宇縦3間半、横2間半、坪数89坪50とある。昭和30年頃に、市・往還振興会の集会所を建築した時に、別に区切って祭壇を設置した。

●祭祀仏
本尊の虚空蔵菩薩坐像の外に弘法大師坐像が2体と掛軸一幅がある。虚空蔵とは、広大無辺の功徳が虚空のように大きく、壊れることがないという意味である。また、この菩薩を念ずると記憶力が増すと考えられ知恵の仏として信仰されている。本尊の頭部に宝冠、右手に剣、左手に如意宝珠、舟型の光背をもつ木造金箔。

●環境
三加茂中学校正門から道を隔て南側にある。また、西南150m程には町役場がある。以前は竹薮、河原地帯。

行事

明細帳に信徒110人 所轄極楽寺とあり念仏講が営まれていた。当番制で各信徒の家を巡っていたが、信者が減った現在毎月17日を念仏の日と定めてこの庵にて行われている。







※写真をクリックすると大きい写真を見ることができます。

改築前の名称虚空蔵堂
現在の名称市庵
所在地徳島県三好郡東みよし町西庄字川原田21-2
現在の建物面積14.44平方メートル
祭祀仏
(像高(cm)/種別/材質/年代/西暦/備考)
虚空蔵菩薩坐像/28.0cm/本/木/不詳/不詳/
弘法大師坐像/23.0cm/合/木/不詳/不詳/
弘法大師坐像/10.0cm/合/木/不詳/不詳/




Copyright 東みよし町商工会 All Rights Reserved.