トップページ > お堂・お庵 > 宮浦薬師堂

こんなとこ、どうやって行けってんだ!? お堂・お庵

宮浦薬師堂

沿革・伝承等

高知県管轄下の時代には薬師庵として届けられている。昭和16年(1941)には薬師堂に改称。

●建物
建築年代は定かではないが、明治初めの記録によると、桁行3間半、梁行2間半のお庵となっており、現在の建物の傷み具合から推察して、当時の建物を補修しながら、今日に至っているものと考えられる。お庵の内部は2部屋に分かれていて、奥行半間に幅2間の仏壇を設けた5坪の仏間と、中央に囲炉裏を配した押し入れと土間の付いた庫裏となっている。何故か、この仏間には、本尊の薬師如来は安置されておらず、お庵の裏に結晶片岩を積み上げて、その上に、間口86cm、奥行78cmの三方を板で囲ったトタン葺のお堂に納められている。

●祭祀仏
本尊の薬師如来坐像は、砂岩質の石造りであるが、彫りは浅く不明瞭である。薬壷を持つ左手の位置から推測して坐像としたが、右手の印相、台座についても判然としない。お庵の仏間に安置されている仏像は、十一面観音菩薩立像、聖観音菩薩立像、牛頭天王の3体と弘法大師坐像である。

●環境
加茂谷川沿いの県道を上流に向かって行き、西庄小学校前のコンクリート橋を渡って山道を右にとり、1.6km程登った峠の曲がり角の高台にお堂がある。眼下に、平と三枝の集落を望むことができる。

行事

1、3、7、12月の20日の縁日には、地域の信徒が供物を持ち寄って法会を催し、日常は、2軒1組で月参りを行っている。






※写真をクリックすると大きい写真を見ることができます。

改築前の名称宮浦薬師庵
現在の名称宮浦薬師堂
所在地徳島県三好郡東みよし町西庄字宮浦90
現在の建物面積34.40平方メートル小堂 0.67平方メートル
祭祀仏
(像高(cm)/種別/材質/年代/西暦/備考)
薬師如来坐像/19.5cm/本/石/不詳/不詳/
十一面観音菩薩立像/43.0cm/合/木/不詳/不詳/
聖観音菩薩立像/22.5cm/合/木/不詳/不詳/
牛頭天王立像/26.5cm/合/木/不詳/不詳/
弘法大師坐像/29.0cm/合/木/不詳/不詳/






Copyright 東みよし町商工会 All Rights Reserved.